Pocket

大西明美結婚相談所と他のサイトを比較してみました。

「価格」「人数」「成婚率」「使い勝手」「信頼性」で比較をしてみました。

それぞれ説明をしていきます。

  価格 人数 成婚率 使い勝手 信頼性
大西明美結婚相談所
大手結婚情報サービス
有料ネット婚活
無料婚活
婚活パーティ

価格について

大西明美結婚相談所は、初期費用が5万円であるのに対し、大手結婚情報サービスは、20万円から50万円の費用がかかります。

これは考え方の違いです。大手結婚情報サービスは「情報を提供するにはコストがかかる。だから投資費用は先にいただくよ」という考えで初期費用をがっぽり持っていくということです。

大西明美結婚相談所は、成婚報酬制を採用しているので「結婚が決まるのが仕事。それまでは大きなお金はいただかない。最小限度」というのが理念です。考え方の違いです。

とはいっても数千円ですむ婚活パーティや、無料ネット婚活にはコスト面では負けています。

人数について

大手結婚情報サービスがピカイチですね。最近では情報の連携をしておりますので、数は本当に圧倒的です。2万から5万人程度が在籍しております。

一方大西明美結婚相談所の場合は、約1万人です。というと、人数が多いほうが得だと思われるかもしれませんが、実は人数が増えすぎると、今度問題が出てきます。

それは、「条件が圧倒的にいい人」の人数が増えてしまうことです。例えば、あなたが40歳だったとします。20代の女性が10000人いるところと、1000人しかいないところだったらどうなのか。若い女性が多ければ、40歳の女性は検索からはじかれます。(私がまもなく40歳なのでたとえに出しました)

また、あなたが年収が400万円の男性だとしましょう。年収600万円以上が5000人いたとしたら。「年収600万円以上」と検索する人が増え、400万円の人は幽霊みたいになります。

だから、あまりにも増えすぎるのも考えものです。

成婚率

はっきり言って、圧倒的に大西明美結婚相談所のほうが成婚率が高いです。だいたい1年以内の成婚率は5〜8%と言われていますが、大西明美結婚相談所、私が所属する日本仲人協会は二桁に達しています。大西明美結婚相談所では二桁を切ったことはありません。これは、はっきりと原因を言いにくいですが、「婚活する人以外に担当や仲人など人間の手がしっかり入った婚活」をしているからだと推測できます。

婚活の敵は孤独です。婚活の味方は継続です。つまり、仲人の存在が成婚率をあげているといっても過言ではないのです。

無料の場合は、必ずしも結婚と考えていないので、おのずと成婚率は地に落ちます。

使い勝手について

これは大西明美結婚相談所の弱みです。何しろ、超アナログです。メールでのやりとりが多いですしね。つまり、おのずとコミュニケーション力が高い会員や性格の良い会員しかうちに残らないということになっております。仕事はほんとうに申し訳ないぐらいやりやすくさせてもらっています。

うちの成婚率をあげているのは超アナログだと自負しています。何しろ、最終的には人柄なので、人柄のいい人がたくさん集まれば成婚率があがります。私の努力ではない要素でもあるのでお恥ずかしいのですが。

さて、その他については、ボタン一つでお申込みが出来たり、人の手もいらず自分でサクサクできるので使い勝手がいいですね。ただし使い勝手がよくても使うのが嫌になるならもとも子もありません。

信頼性

大西明美結婚相談所と大手結婚情報サービスについては、厳格な審査を行い、契約を取り交わします。だから嘘をついて婚活をする人は排除される強固な仕組みがあります。

よくワイドショーなどで詐欺事件が起こるのは無料ネット婚活サービスを使っている場合です。特に40代の女性を30前後の男性がターゲットとして狙います。本当に世知辛いですが、人の手での審査が行われていないため、危険は運次第というところもあります。

また既婚者も入り込みやすいので、知らない間に不倫状態になる危険性があるのも無料ネット婚活の怖いところです。

本気で婚活を考えるなら、まず「どこの馬の骨か」が明らかにされることが大前提です。

Share

大西明美結婚相談所入会カウンセリングお申込みフォーム(無料)

ご相談は無料になります。スマホからもお申込みができますが、パソコンから自動配信メールが届きます。PCメールの受信拒否をされている方は、事前に解除してからお申し込みください。
都道府県
お相手の上限の年齢(これ以上の年齢だったらいくらいい人でもプロフィールは不要、という限界の上限年齢について)







ご希望のお相手の職業(複数回答可)




あなたの職業




お相手の結婚歴




お相手に望む最低年収について(どんなにいい人でもこの年収だと無理!という年収について)