「結婚後も当然働く!」そう思う女性が婚活でやるべき3つのこと

↑PRESIDENT WOMAN Online にて掲載されました。

http://woman.president.jp/articles/-/573

a0001_014954

連載は第三回になりますが、これは本当に思い入れのある記事です。

仕事がやりがいがあって、これからもずっと続けていきたいという女性がやりがちなミスを
徹底的に書いたからです。

「私、絶対にこの仕事続けたいの!邪魔しないで!そういうの理解してくれるよね?」
それが初対面からバーンと浮き出てしまっているベテラン婚活者をよく見かけます。

私は、

ああああーーーそんなこと言っちゃったら、
共働きOKの人でもドン引きしちゃうんだよーと心が叫んでしまいます。

詳しいことは、こちらの記事で書きましたので、ぜひ御覧ください(^O^)/(^O^)/

「結婚後も当然働く!」そう思う女性が婚活でやるべき3つのこと

Share
スポンサーリンク

大西明美結婚相談所入会カウンセリングお申込みフォーム(無料)

ご相談は無料になります。スマホからもお申込みができますが、パソコンから自動配信メールが届きます。PCメールの受信拒否をされている方は、事前に解除してからお申し込みください。
都道府県
お相手の上限の年齢(これ以上の年齢だったらいくらいい人でもプロフィールは不要、という限界の上限年齢について)

あまりに若い人ばかりにしていると、好感度が落ち、若い人からも嫌われやすくなります。男性の場合は、35歳未満の男性は、3歳上ぐらいまで、35歳以上の男性は同い年まで、女性全般では、10歳上ぐらいまでを選択される人が一番多いです。原則年の差10歳以内にさせていただいていますので、ご安心ください。

女性は住んでも良い居住地の範囲、男性はお見合いに行ける範囲を考えるとスムーズです。
ご希望のお相手の職業(複数回答可)  
あなたの職業 現在、男性はすべて正社員のみご入会可能です。どうしても男性のほうが経済を支える立場になることが多いので、そのようにさせていただいております。
お相手の結婚歴 時々、「お子さんの年令にもよる」というご回答をいただくことがあります。その場合は、メッセージ欄が下から2番めにありますので、そちらにご記入ください。
信仰はとても結婚の上で大切なことになります。包み隠さずお願い致します。
お相手に望む最低年収について(どんなにいい人でもこの年収だと無理!という年収について)