Pocket

モテる男は、何が他の男性と違うのか

本日動画配信をした。テーマは「婚活と不倫は地続き」である。

おそろしくタブーなうえに、ノウハウでもないからあんまり受けない気がしたけれど、

でもこれ言っといたほうがいいと思ったから配信をすることにした。

 

モテるかモテないかでいうと、まあ女性を誘惑する既婚男性のほうがモテる。

どんなスキルでモテてるのかっていうことを具体的にお話をした。

 

ひとことで言うと、女性の可愛らしさ、儚さ、弱さを行間から想像できるスキル

である。(詳しくは動画を)

 

で、配信した後にこれもう少し分かりやすく言えるんじゃないかなと思いまして…。

ちょっと言葉を考えていました。抽象度が高い話になるので、難しいかもしれないけれども、

ぜひ、お話をさせてください。

 

モテる男性は、女性を深くとらえる。ではどうとらえてるのか

普通の男性は、女性を「美」の対象であり、「あこがれ」であり、「欲望」のアイコンとしてとらえる。だから、それらが顕在化しやすい若い女性に目がどうしてもいってしまうのだ。

「若い女性はかわいい」「若い女性は弱いから守ってあげたい」とかそんな感じになる。

 

もちろん、モテる男だってそんなふうにも考えている。聖人君子では決してない。

ただ、一方で普通の男性がしないような認識をしているのだ。

それは、女性というものは、「切れば血がぶしゃっと吹き出すような生々しい肉体と精神を持っている」ことを忘れていないことだ。

 

さきほどの美、あこがれ、欲望の概念には、血が流れていない。

アイコンでしか無いのだ。

だから、血がぶしゃっと吹き出すような生々しい女性の感情や反応を恐れるし、受け止める余裕もない。

 

ところが、モテる男性はアイコン以上に、生身の人間としての女性を受け止める。

二人がどんなにうまく関係を築こうと思ってもぶつかりあって、摩擦で血がぶしゃっと吹き出すような感情を抱かれるし、吐き出されることも織り込んでいる。

つまり、女性を恐れていない。そういうことが起こることを織り込んでいる。

 

さらに、どこで血が吹き出すのかということを彼女たちの言葉以外にも色々な行間や態度から想像することができている。先読みがすでにできている。

だから、女性の生々しいいかりや嫉妬や悲しみの姿を見たとしても怖気づかない。存在を認めふわっと丸く抱きしめるぐらいの度量を持っている。

 

これがモテる男がやっていることなのだ。

ちなみに、この技術は不特定多数の女性との恋愛では無理。堪え性がない人には無理なのだ。

一人の女性とじっくり付き合い、摩擦の中で翻弄され苦悩しながら経験を積んだ男性しか無理。

となると、やっぱり既婚者のほうに分配が上がってしまう。

 

既婚者がモテてしまい、独身の男性から女性を奪ってしまうプロセスがこうやってデキアガッてしまうのである。

 

さきほどの動画はこちらです〜

 

 

Share

大西明美結婚相談所入会カウンセリングお申込みフォーム(無料)

ご相談は無料になります。スマホからもお申込みができますが、パソコンから自動配信メールが届きます。PCメールの受信拒否をされている方は、事前に解除してからお申し込みください。
都道府県
お相手の上限の年齢(これ以上の年齢だったらいくらいい人でもプロフィールは不要、という限界の上限年齢について)







ご希望のお相手の職業(複数回答可)




あなたの職業




お相手の結婚歴




お相手に望む最低年収について(どんなにいい人でもこの年収だと無理!という年収について)