私は現役で結婚相談所を運営しております。

気がついたことは、
初回デートで必ず相手から好かれる人と、嫌われる人がいることです。
「人の好みはそれぞれ」のはずなのに、固定化しています。

つまり、初回デートから次に進まないパターンを繰り返している場合、
自分は嫌われる側の人間になっていることを疑ったほうがいいのです。

さらにいうと、この現象は私が見る限り、人間力で起こっていません。
嫌われる人には、人間力とは関係ない、ある一点に共通点がありました。

a1640_000117

ずばり、嫌われる人の目線の問題です。

「人と目を合わせないとかそーゆーやつでしょ」
と思われたかもしれません。

たしかに、目を合わせないっていうのは絶対に嫌われますね。
だからといって、じーっとずっと見ていればいい問題でもありません。
それははっきりいってキモいし、怖いです。

だから、適度に目線はそらさなければいけません。
問題は、目線のそらし方なのです。

嫌われる人の目線は、横方向にそらされる。
一方、好かれる人の目線は縦方向。

いま、実際に目線を横にスライドしてそらしてみてください。
そして、これを最近やったシーンを考えてみてください。

おそらく3つぐらいです。
1 人見知りなど緊張状態
2 キライ!どっか行って!という気持ち
3 えーどうしようという動揺

つまり、横の目線というのは、「拒否」を表します。
いいえというときに、頭を横にふるのとニュアンスは同じです。

嫌われる人は、デートで緊張するあまりに、視線が横にずれやすい。
しかし、受け取る側は2の「この人私の事キライなんだな」と無意識でキャッチする。
そして、相手に嫌われるというパターンです。

この視線を続ける限りは、恋愛はうまく行きません。
癖になっている人は今すぐにでもやめなければいけません。

さて、これをやめる方法があります。
それは、縦方向に目線をずらすことを意識してください。縦はうなずきです。

縦に視線をずらすと、うんという形になります。



すると、相手は「受け入れられている」と安心し、
あなたに好感を持ってくれるようになります。

最初は難しい!という場合は、縦方向に物を置く。
また、短めのネックレスをつけてそれを見るようにする。
横に物を置いてしゃべるのをやめるだけで、視線はかなり改善されます。

もっと知りたい方は、ぜひこちらの書籍を読んでみてください。
この本を読んだ時に、初回デートに進む人、進まない人の視線の問題がわかりました。

綺麗な話し方、ではなく思いが伝わる話し方について書かれたかなり珍しい本です。
恋愛にも役立つ情報が結構ありますよ★

その話し方では軽すぎます!  エグゼクティブが鍛えている『人前で話す技法』

Share
スポンサーリンク

大西明美結婚相談所入会カウンセリングお申込みフォーム(無料)

ご相談は無料になります。スマホからもお申込みができますが、パソコンから自動配信メールが届きます。PCメールの受信拒否をされている方は、事前に解除してからお申し込みください。
都道府県
お相手の上限の年齢(これ以上の年齢だったらいくらいい人でもプロフィールは不要、という限界の上限年齢について)

あまりに若い人ばかりにしていると、好感度が落ち、若い人からも嫌われやすくなります。男性の場合は、35歳未満の男性は、3歳上ぐらいまで、35歳以上の男性は同い年まで、女性全般では、10歳上ぐらいまでを選択される人が一番多いです。原則年の差10歳以内にさせていただいていますので、ご安心ください。

女性は住んでも良い居住地の範囲、男性はお見合いに行ける範囲を考えるとスムーズです。
ご希望のお相手の職業(複数回答可)  
あなたの職業 現在、男性はすべて正社員のみご入会可能です。どうしても男性のほうが経済を支える立場になることが多いので、そのようにさせていただいております。
お相手の結婚歴 時々、「お子さんの年令にもよる」というご回答をいただくことがあります。その場合は、メッセージ欄が下から2番めにありますので、そちらにご記入ください。
信仰はとても結婚の上で大切なことになります。包み隠さずお願い致します。
お相手に望む最低年収について(どんなにいい人でもこの年収だと無理!という年収について)