Pocket

「もう世の中が婚活疲れしてるよね」

昨日は、雑誌の取材を受けてきました。自分で言うのもなんですが、私の本はそこまで爆発的に売れているわけではないので、何ヶ月も呼んでもらえることに本当に感謝しておりますm(_ _)m

ちなみに、「根拠が明確」「婚活中の人にダメージを与えない」というところがポイントになったとのことでした。

 

私は、ロジックが明確で無い事を話すのが大嫌いなので、めちゃくちゃ嬉しかったです。

それと、本の中の人と読者が友達になってくれたらなと。

「あなたもこんなに苦しいことあったのね」って一緒に話し合いながら読んでもらえたらと思って書いたのでめちゃくちゃ嬉しかったです!

書籍はこちらです。で、本題に入りますね。

婚活疲れをしてしまう人の多くは、婚活に疲れているのに婚活にこだわりすぎている。

出会いが婚活だよりになっている。これが非常にマズイ。

 

本来婚活というのは、新しい出会いのカードを切れるということ。機会が増えるということ。

自然な出会いを捨てて、婚活をするっていう意味じゃない。自然な出会いのアンテナも維持していないと、婚活をする意味が無いのだ。

 

選択肢を一つに絞るから、その一つがうまくいかないとウガーとなってしまう。婚活とは自然な出会いと、意図的な出会いの両刀型でなければならないのである。

 

結婚以外の評価軸、どうしていますか?

婚活をすると不思議なマジックにかかってしまう。

全てが「結婚しているか結婚していないか」に思考ロックに陥る人が後をたたない。

その多くが婚活疲れをする。

なぜなら「結婚していない自分はダメな奴」と自己評価で自分を苦しめ続けるからだ。

 

じゃあ、どうしたらいいのか。努力の方法を結婚から少しそらす。これがポイント。

「結婚はしていないけれど、自分は捨てたもんじゃない」という何かを見つける努力をすること。

 

例えば、私が再び独身に戻った時、「バツイチだけど、とにかく元気」という漠然とした評価軸で自分を保っていたw

そんなもんでいいのだ。每日ご機嫌で過ごせるっていう脳天気さを自分の誇りにするだけでも。

 

もっと具体的なものが欲しい人は、自分の特技をもう一度極め直すことだ。

絵だったら絵、習字だったら習字、走ることなら走る。単純でいい。

一時期より衰えているかもしれないけれども、それでもすぐ復活するだろうし、そこそこ出来る。

 

結婚していないから逃げるための特技、まさに「芸に婚活が助けられる」のだ。

楽しいこと、得意なことをしていると人間の表情はいきいきしてくる。

そのいきいきがまた人を引き付ける力にもなるので、一石二鳥!

婚活を休む時間作っていますか?

婚活疲れの人は、月月火水木金金と、每日每日婚活のことを考えている。

出会いにつながっていなくても、ネットで検索をしたり男性の顔写真眺めたりしている。

それを一切やめる1週間を1ヶ月のうちに作ってみる。

その1週間は婚活以外のことを努力して取り組んだり考えたりすること。

ネットも、婚活ネタはみないと決める(SNSで結婚しました報告を見る事故はのぞく)

 

できれば、岩盤浴に行ったり、マッサージを受けたり、酸素カプセルで寝るとか、

体をいたわることをすることをおすすめします。

体をいたわると、眠くなって考えられなくなりますので。

 

ぜひぜひ婚活疲れたなと思った人はこの3つをやってみてくださいね〜\(^o^)/

 

 

 

Share

大西明美結婚相談所入会カウンセリングお申込みフォーム(無料)

ご相談は無料になります。スマホからもお申込みができますが、パソコンから自動配信メールが届きます。PCメールの受信拒否をされている方は、事前に解除してからお申し込みください。
都道府県
お相手の上限の年齢(これ以上の年齢だったらいくらいい人でもプロフィールは不要、という限界の上限年齢について)







ご希望のお相手の職業(複数回答可)




あなたの職業




お相手の結婚歴




お相手に望む最低年収について(どんなにいい人でもこの年収だと無理!という年収について)